住宅用火災警報器の共同購入について

住宅用火災警報器の共同購入について

住宅用火災警報器の割引情報を紹介します。

住宅用火災警報器を取り付けよう

住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。
新築住宅では平成18年6月1日より義務化がはじまっており、既存の住宅に関しては市町村ごとに平成23年6月1日までに義務化が行われることになっています。
まだ設置していない家庭も少なくないのではないでしょうか。
火災は財産を奪い、命を危険に晒す非常に厄介なものです。
延焼によって周囲の家屋にも被害を及ぼしてしまうこともあります。
火災の危険を未然に察知し、日ごろから安全な生活を送る備えとして住宅用火災警報器は非常に重要な意味を持っているのです。

住宅用火災警報器を共同購入

しかし、一戸建ての場合は数個購入しなければならないなど費用の問題などで設置が遅れている場合もあります。
また設置を各家庭に任せることになるため、同じ地域や集合住宅でも設置に温度差が生じている部分もあります。
そんな問題を改善するために住宅用火災警報器の共同購入の推進も行われています。
住宅用火災警報器を共同で購入することによって広範囲の世帯にまとめて設置が可能になります。

助成金制度を利用しよう

市町村では共同購入による助成金制度を導入しているところもあります。
自治公民館や自主防災組織を対象にしている場合がほとんどですが、共同購入することによって一個につき助成金を受け取ることができるのです。
また、高齢者世帯の場合は購入しても取り付けが大変という面もありますし、悪質な訪問販売に悩まされるケースも多いようです。
共同購入で近所同士が協力しあうことでそうした問題も解消することができるでしょう。
さまざまな面でメリットがある方法といえます。

もっと詳しく知りたい

住宅用火災警報器共同購入までの手引き
瀬戸内市の消防本部予防課が作成した「住宅用火災警報器共同購入までの手引き(PDF)」です。

スポンサーリンク