新幹線の往復割引

新幹線の往復割引

新幹線の往復割引情報を紹介します。

新幹線を利用しよう

最近は高速道路の料金がETCによって大きく割引されるようになりましたが、それでも東京から新大阪までなどの長距離ともなると、新幹線の利用は欠かせません。
やはり新幹線を利用することにより、時間的にも労力的にも楽になることが多く、有効に活用したいところでしょう。
しかし、新幹線の利用は乗車料金に加えて特急料金が加算されるため、高額になりがちです。
少しでもお得に利用することを考えると、割引が適用される条件を調べておく必要があるでしょう。
ダイヤの変更や路線の変更などにあわせ、定期的に時刻表や乗り換え案内の書籍が出ているので、一度は目を通しておくのもいいかもしれません。

長距離移動で割引が適応

JRの場合、新幹線での移動が片道600kmを超える場合に1割乗車料金が安くなります。
新幹線の駅から駅までの距離は相当なまでに計算されて設置されているため、距離計算のためには時刻表などを詳細に見る必要がありますが、600kmを1kmでも超えれば割引が適用されるため、599kmまでの距離の駅までの運賃よりも601~640km地点にある駅で下車する方が安くなる場合があります。

移動距離を考慮して降車駅を選ぼう

例えば東京から新大阪までは往復で1000km以上ともなる長旅となりますが、片道としては600kmとなるため、割引が適用されません。
しかし、京都駅下車の場合は600kmを超えるため、新大阪で下車するよりも乗車料金が安くなります。
遠方地への旅に新幹線を利用する場合は、必ず距離なども考慮し、割引を期待する場合はそれに応じた下車駅を選ぶことも大切となってくるでしょう。

もっと詳しく知りたい

JR東日本:きっぷに関するご案内
JRの往復割引乗車券、学生割引(学割)乗車券についてご案内しています。

JRや新幹線の往復割引切符を使おう
JR西日本、JR東海、JR東日本では往復割引を利用しよう。

スポンサーリンク